光触媒技術「TOTO」の開発によるハイドロテクトコート

光触媒技術ハイドロテクトとは、環境配慮として〔空気浄化・省エネ性〕に優れ、その技術の原理は植物が行う「光合成」によく似ています。

「光合成」が葉緑素を触媒として二酸化炭素と水から酸素を生成するように、ハイドロテクトに使用される「光触媒」に光が当たることで、水とのなじみが非常に良い「親水性状態」になるとともに、協力な分解力を持つ「活性酸素」を発生させます。これにより「セルフクリーニング効果・有害汚染物浄化作用」を発現します。

2016年03月05日