節電・省エネ対策塗料~アドグリーンコート

遮熱塗料の目的は、太陽光により建物躯体が熱を持つことを防ぎ、室内の温度上昇また、輻射熱・人工排熱によるヒートアイランド現象を防ぐことです。

そこで、大半の遮熱塗料はセラミック顔料を配合することで太陽の近赤外線を効率よく反射し、建物が受ける熱の影響を低減しています。

近赤外線を効率よく反射しかしながら、すべての熱源を反射できるわけでは無く、その反射しきれない熱の処理方法が重要になります。

アドグリーンコートのファインセラミックスは熱容量が非常に低く、即時に排熱をし、外気温に近づけようとします。

この冷めやすい排熱理論はカラー塗料で機能に大きな差がでます。

2015年04月17日